糖尿病治療で外せないのが食事療法

糖尿病を根本的に治す治療方法は残念ながら現時点では見つかっていませんが、糖尿病を治療するうえ最も重要なのが食事であることは間違いありません。
糖尿病は、インスリンが不足をするために血中のブドウ糖を利用できなくなり、血糖値が高い状態が続く病気です。
血糖値を左右するブドウ糖は、体内に取り入れた食材が分解されることで作り出されるため、血糖値を下げるためには日々の食事が重要になります。
また、糖尿病の主な治療方法には、食事療法、運動療法、薬物療法などがありますが、運動療法や薬物療法は、食事療法をおこなっていることが前提となって考えられているのです。

では、食事療法とはどのような治療方法なのか?誤解をされている人もいるようですが、食事療法と言っても特定の食材を制限して食べないようにするのではありません。
炭水化物は血糖値を上げると言われていますが、単純に炭水化物の摂取量だけを減らすのではなく、1日に必要やカロリー数の範囲内で、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラル、タンパク質などの栄養素をバランス良く摂取して、健康な状態を取り戻すのが食事療法なのです。
1日に必要なカロリー数は、年齢、性別、肥満度、活動量、血糖値、合併症の有無などによって異なるため、必要な数値は医師にしっかりと確認をする必要がありますが、成人男性の場合は1400~1800cal、成人女性の場合は1200~1600cal程度と言われており、目安のカロリー数は数式に当てはめて算出をすることが可能です。

ただし、1日に必要なカロリー数がわかっていても、それを日々の食事にどのように当てはめたら良いのかわからない人も多いと思います。
日本糖尿病学会では、日常的に食べている食品を6つに分類した「糖尿病食事療法のための食品交換表」を発行しており、同じ分類内でしたら食品の入れ替えが可能になっています。
この表を利用すれば、食品のカロリー数や重量が簡単にわかるので利用をしてみて下さい。
また、献立作りが上手く出来ない人は、普段食べている献立の内容を表に当てはめてみて、多い食品を減らしたり、足りない食品を足したりしてシュミレーションをしてみると良いでしょう。