足のセルフケアが重要

糖尿病による合併症の一つに糖尿病性神経障害という病気があります。
全身の神経に異常をきたす病気で、糖尿病初期には手足のしびれなどが現れますが、進行をすると足が壊疽する可能性のある恐ろしい病気です。
足が壊疽をするということは、簡単に言えば腐ってしまうことですから、そんな状態になるまで気がつかないはずがないと思われるかもしれません。

しかし、神経障害があると痛みや熱を感じづらくなるため、ケガや火傷に気がつきづらくなります。
さらに、高血糖によって抵抗力が落ちると傷の治りが悪くなり、動脈硬化によって血液の流れが悪くなると、末端まで栄養や酸素を運ぶことが出来なくなるため、症状が悪化をしていきます。
そのため、足が壊疽をして悪臭を感じてからようやく病院へ行く人も少なくはなく、最悪足を切断しなければならない場合もあります。
このような事態にならないためには、日常的な足のセルフケアが大切です。まずは、足のチェックを毎日欠かさずにおこなうこと。ケガ、火傷、ひび割れ、タコ、魚の目、水虫、腫瘍、変形、変色などの足のトラブルがないかどうかをチェックするように心がけて下さい。
小さな変化は見逃しやすいので、明るい場所で鏡を使用しながら隅々まで見ていきます。体が不自由で見づらい場合は、誰かに見てもらいましょう。

次は、ケガや火傷をしないように気をつけながら生活をすることです。例えば、ケガを防止するために靴下を履き、サイズの合った歩きやすい靴を履くこと。
サイズの合わない靴や、ハイヒールのように重心が偏っている靴を履くと、靴擦れを起こしてケガの原因になります。
また、爪の手入れをしっかりとおこなうことも大切です。
長く伸びた爪はケガをする原因になりますし、割れや巻き爪で皮膚に爪が食い込んでいても気がつかないケースもあるため、小まめに手入れをする必要があります。
ただし、深爪は化膿や炎症を起こす可能性があるため、切り過ぎないようにしましょう。