妊娠中は糖尿病のリスクが高くなる!?

妊娠を経験して初めて知る人も多いようですが、妊娠中は通常時よりも血糖値が上がりやすくなります。
妊娠中の高血糖は「妊娠糖尿病」と呼ばれていますが、実際に糖尿病になっている状態を言うのではなく、妊娠をしてから発見をされたり発症をしたりする糖代謝異常ことで、あきらかな糖尿病は含まれていません。
しかし、糖尿病に含まれないくらいの高血糖に、「妊婦糖尿病」という名前までつけて、注意喚起がおこなっているのはどうしてなのでしょうか?

妊娠中の高血糖は、母親だけではなくお腹にいる胎児にも大きな影響を与えます。母親に与える影響には、妊娠高血圧症候群、早産、羊水過多症、尿路感染症などがあり、胎児に与える影響には、巨大児、先天奇形などがあります。
さらに、巨大児の場合は難産になりやすく、赤ちゃんが仮死状態になったり神経麻痺になったりする可能性もあります。
妊娠中の女性が高血糖になりやすくなるのは、胎盤からインスリンの働きを抑えるインスリン拮抗ホルモンが多く分泌をされるためです。インスリン拮抗ホルモンが分泌をされるとインスリンの働きが弱くなり血糖値が高くなります。
これは、お腹の中の胎児に十分な栄養を与えるために人間の体が作ったシステムです。

このシステムは、食糧の足りない飢餓の時代は有効だったのですが、現代のように食糧が余っている時代は、必要以上に血糖値が高くなる可能性があります。
また、妊娠糖尿病は、過剰に食べていなくても体質でかかりやすい場合もあります。
通常の場合は、血糖値が上がりやすくなっても、インスリンの分泌をより増やすことによってバランスを保つことが出来るのですが、体質的にインスリンの分泌が弱かったりインスリン拮抗ホルモンの働きが強かったりする人の場合は、血糖値が上がりやすくなります。
病院で指摘を受けてから血糖コントロールを始める人がほとんどのようですが、妊娠初期は赤ちゃんの体の器官が作られ始める時期であるため、胎児に先天奇形が起こりやすくなります。
そのため、血縁者に糖尿病患者が多い人は日頃から血糖値に気をつけた生活を送る必要があります。
また、全ての産院が検査をおこなっている訳ではないので、気になる方は糖尿病の検査がおこなわれているかどうかを確認するようにしましょう。